作品情報

ロビン・ロペス / プロデューサー

身長213cm/116kg/33歳/スタンフォード大出身

2008年のNBAドラフト1巡目全体15位指名でフェニックス・サンズに入団。その後は、ニューオリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ニューヨーク・ニックス、シカゴ・ブルズといったチームで先発センターを務め、2019-20シーズンは双子の兄のブルックと同じミルウォーキー・バックスでプレイ。2020-21シーズンはワシントン・ウィザーズで八村塁選手のチームメイトとしてプレイした。

ロビンはディフェンス、スクリーン、スクリーンアウトといった数字に現れない分野でチームに貢献するタイプの選手だが、ゴール近辺から放つフックショットを高確率で決めることから「キャプテン・フック(フック船長)」と呼ばれている。 また、試合前に相手チームのマスコットとコント仕立ての乱闘をするなど、その明るいキャラクターとエンターテインメント性でファンに愛されている。

ブルック・ロペス / プロデューサー

身長213cm/120kg/33歳/スタンフォード大出身

2008年のNBAドラフト1巡目全体10位指名でニュージャージ・ネッツ(現ブルックリン・ネッツ)に入団。2008-2017シーズンまでネッツのエースを務めた後、2018年にロサンゼルス・レイカーズに移籍。2018-19シーズンからはミルウォーキー・バックスで先発センターを務め、2020-21シーズンのNBA優勝に貢献した。

元々はゴール近辺の得点に定評のある選手だったが、ここ最近は3ポイントシューターとしての才能を開花させ、オフェンスのバリエーションを増やしている。キャリア通算の3ポイントシュート成功率が34%というのは、センターの選手としては驚異的な数字。

TATSUZ (タツズィー) / 作画

『SLAM DUNK』の井上雄彦先生の下で長年チーフアシスタントを務め、自身も数々の連載を手がけてきた日本の漫画家。これまでに、立沢克美名義で『バーサス魚紳さん!』、『ダウト』、『ポンチョ』などを連載。

西尾瑞穂 / プロデューサー

本作の共同プロデューサー。制作進行管理、翻訳、写植、デザイン、マーケティング、広報など幅広い分野を担当。

クリストファー・ロペス / シナリオ

本作のシナリオライター兼共同プロデューサー。4人兄弟の次男で、ロペス兄弟の長兄にあたる。

英語公式SNSアカウント
日本語公式SNSアカウント
コンテンツへ移動